売上高(うりあげだか)

売上高とは企業会計で用いられる収益区分の1つで、売上ともいう。
商品やサービスの提供など、企業の主たる営業活動によって得た収益という意味。
一年間の一定期間に、商取引がどれだけあったかを示す金額のことで、企業規模を比較することができます。
売上が高いからといって優良企業とは限らないが、数字が大きい方がテンションがあがる。
実際は貸借対照表やキャッシュフロー計算書などを見て企業の状況を判断したいけど、そんなの関係ない。
数字が大きければ正義なのだ。と思っていた時代もありました。