• TOP >
  • 女子就活生の悩みの種!一般職VS総合職、幸せなのはどっち!?

女子就活生の悩みの種!一般職VS総合職、幸せなのはどっち!?

 

iam picture

 

就活生ならよく耳にする一般職と総合職って何が違うのか。

今回は3つの視点から考えていきます。

  • 仕事内容の差 

 

    1. 一般職の仕事は、主にアシスタント・事務。仕事範囲は狭く、比較的定型業務が多いといえるでしょう。一方で、総合職の仕事は、配属される部署によって異なり、営業、人事・経理などの管理部門から技術職まで多岐にわたります。
  • 給料の差 

 

    1. 一般職と総合職でどちらの方が給料良いかといえば、もちろん総合職です。しかし、それには理由があります。まず、仕事の責任面でみたとき、業務の多い総合職の方が責任が重くなります。次に、一般職と比べ、異動・転勤のリスクがあるという不安定な面もあります。さらに、出産・育児の面でも、一般職より総合職の方が不利な条件(定時に帰りにくい・出産後のブランクが大きいなど)です。
  • 将来像の差

 

一般職は、仕事内容がほぼ一定であるため、年数を重ねるごとにスムーズに仕事を行えるようになります。
その分、昇進や給与アップは望めません。
総合職は、自分の仕事次第で、給与も役職も環境も変わっていきます。
仕事の評価がされやすく、やりがいが大きいといえます。

 

いかがでしたか!?

個人のタイプ・性格・仕事に対するモチベーションによって、どちらを選んだ方が幸せか変わってくると思います。
しっかり自己分析して後悔しない選択をしていきたいですね!!

 

 

 

 

記事一覧(TOP)

関連する記事