• TOP >
  • 受かる!インターン志望動機②

受かる!インターン志望動機②

こんにちは!!

今回はインターンシップの志望動機作りの続きをお送りいたします。

 

もっと伝わる!!志望動機

a0002_011008_m

引用:足成

絶対に欠かしてはいけないのはこの三点。

① 具体性(動機に繋がるエピソードは第三者が見てもわかりやすいか?)

② 自分の思考の明確性(自分はどのように考えているのか、など意思ははっきりと伝わっているだろうか?)

③ 未来ビジョンの可視性(インターンを通してどうなりたいのか、何をゴールとしているのかetc.)

 

この三点を盛り込めば、自分がどんな経験をしてきた人間なのか、どんなふうに物事を考える人間なのか、将来働いたらどのような成果を会社で出してくれるのか、などが想像つきやすく、印象にとまります。

 

 

作成したら…

一番の方法は誰かに添削してもらうことです。学生の先輩にも社会人にも聞いておいたほうが良さそうですね。

客観的に見てもらって、

・説得力はあるか

・自分の言いたいことがしっかりと伝わっているか

・具体的なエピソードと志望理由にきちんと整合性はあるか

 

というのはなかなか自分ではチェックできません。大学の就活センターにて添削してもらうのもいいですね。

志望動機は何度も何度も練り直すことでいい文章が作成できます。たくさんの時間をかけてしっかりと対策していきましょう。

記事一覧(TOP)

関連する記事