• TOP >
  • 就活中のシビアなお金の問題。。

就活中のシビアなお金の問題。。

就職活動中の節約術!!

buta

 

前回就職活動にはお金がかかる!
特に交通費!という記事を書きました(前記事へのリンク)。
今回は交通費の節約術をご紹介します!

節約の方法は大きく分けて3つ!

◯定期券の購入
◯学生割引の使用
◯期間限定の特割りチケットを使用

【定期券を利用する】

一般的に通学定期だと1月当たり8往復以上でもとが取れる計算になります。
(引用:nanapi http://nanapi.jp/111317/)

• 分割定期運賃(区間を分割した定期券購入)につきましてはサポートしておりません。
• 2社以上にまたがる連絡定期券(ICカード定期券含む)の発行は限定されております。
(引用:ekitan http://ekitan.com/help/teiki.shtml)
という条件もあるらしく、東京-大阪間を定期券で、という分けにはいきませんが
例えば、長野-東京間での定期券を使用した場合、
往復新幹線代が16,400円
1ヶ月の定期代が176,110円
ですので、10回以上往復れば元が取れる事になります。
遠方の方であれば賢く定期券を活用すれば節約額も大きくなりますよ!

【学生割引を利用する】

大学の「学割証」を使う事で、JR・大手私鉄・フェリー・長距離バスの一部運賃が2割引になる、という節約術もあります。
(引用:nanapi http://nanapi.jp/111317/)

【期間限定の特割り切符を利用する】
JRでは「土日きっぷ」「青春18きっぷ」といった期間限定で使えるお得なきっぷを発行している場合があります。

「土・日きっぷ」は、フリー区間内の新幹線・特急が2日間18,000円で乗り放題になります。土曜日だけ利用したいのだけど…という方は、土曜のうちに往復し、その日のうちに金券ショップに持ち込みましょう。5,000円程で買い取ってくれます。
「青春18きっぷ」は、主として学生の休み期間中(春・夏・冬休み)にJRから発売される5枚つづりのきっぷです。 1回あたり2,300円で全国のJRの普通列車が乗り放題になり、1人で5回分、または5人までのグループ利用も可能です。普通列車しか乗れないので、移動は1日掛かりですが、時間はたっぷりあって、移動のお供もいる場合は使える方法です。
(引用:nanapi http://nanapi.jp/111317/)
移動手段としては夜行バス、高速バスを使用するのが一番値段的には安いのは間違いないです。
しかし、長時間移動による身体にかかる負担も大きく、体力勝負と言っても過言では無い就職活動ではバスと電車をバランス良く活用する事をオススメしますよ!

記事一覧(TOP)

関連する記事